読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしを楽しめ!

一人暮らしをしていく上で役立つ情報をお届けします。

一人暮らしの部屋探しのコツ(学生向け)

こんにちは。

「進学の関係で一人暮らしをすることになったけど、どうやって部屋探しをすればいいんだろう?」

今回はそんな悩みを抱いた学生さん向けに、学生目線で部屋探しのコツを紹介したいと思います!

 

目次

1.学生が部屋探しをする上で最も大切なこと

2.部屋選びのポイント

3.おわりに

 

1.学生が部屋探しをする上で最も大切なこと

では早速ですが、学生が部屋探しをする上で最も大切なことは何だと思います??

 

これは、、、、

 

間違いなく、、、、、

 

家と学校が近いこと!!!

これにつきます!!!

 

要は立地ですね。

一人暮らしをしたことがない人は分からないかもしれないけど、一人暮らしって、大体朝起きれないんですよ(笑)

マジで朝は辛いです。でも自分で起きて学校に行かなきゃならない。。。

もしそんな状況で、学校が家から電車で1時間の場所にあったらどうなるとお思いますか??

 

確実にサボります(笑)で、単位落とす→留年~~~。

・・・という風にはなりたくないですよね??ですから家の場所は、徒歩あるいは自転車で行ける程度の距離がいいですよ!!

 

※ただし、家と学校が近すぎると、学生のたまり場と化すことがあるのでお気をつけを。笑

 

 

家探しのエリアが決まったら、次は部屋選びです!

 

2.部屋選びのポイント

(1)部屋探しは、保護者と不動産屋へ!!

 初めての一人暮らしの場合は、保護者の方と進学先近くの不動産屋へ行き、下見をして決めるのがベストです。やっぱり、長く生きている分保護者の方が家を見る目はありますし、部屋探しって、部屋を決める以外にも火災保険とかその他いろんな契約が面倒くさいんですよ。そういうのはやはり、保護者が一緒の方が安心です。2人で相談しながら条件を絞っていき、下見する家を決めていくのがいいと思います。

 もし、どうしてもそれが不可能の場合は、ネットで探すのも可能です。ただこれは、半分賭けみたいな感じですね。いざ引っ越しをして「失敗したー」と思っても仕方ない部分があります。下見してみないと分からないはたくさんあるので、極力下見をしましょう。

 

(2)部屋は角部屋&鉄筋コンクリート造!!!

 部屋の条件で最も重視すべきなのは、防音性ではないでしょうか。隣人の物音を気にすること、あるいは自分が隣人に迷惑をかけないように静かに生活することは相当なストレスです。そんなのストレスに悩まないように、私は、部屋は角部屋であること、そして鉄筋コンクリート造(RC造orSRC造)であることをおすすめします。角部屋をおすすめする理由は皆さんもお分かりでしょう。鉄筋コンクリート造(RC造orSRC造)を勧める理由は、鉄筋コンクリートは木造に比べ、防音性が高いと言われているからです。ちなみにRC造・SRC造と言うのは鉄筋コンクリート造の種類の名前です。(防音性はどちらも差は無いようです。)

 

さて、ここまでは立地と防音性の重要性について述べてきましたが、このほかにも部屋選びに大切なことはまだまだあります。

 

(3)部屋選び~上記以外のポイント~

①家の周囲は住宅街でスーパーが近くにある方がいい

 部屋の防音性が高くても外がうるさかったら元も子もないです。窓は遮音性はほぼゼロですからね。とにかく線路沿い、大通りなどのうるさい場所は避けましょう。

 あと、自炊をしようと考えている人は、近くにスーパーがあると本当に便利です。余談ですが、私の家はスーパーまで徒歩30秒です。めっちゃいいです。すでにスーパーがMy冷蔵庫みたいになってます。

 

②間取りは1K!

 間取りは、何も考えず1K一択で考えましょう。ワンルームだと狭すぎるし、1K以上に広いと掃除が面倒です。とにかく1Kです。ちなみに、1Kの場合、キッチンと居間の間には扉があるほうがいいですよ。あるのと無いのではエアコンの効きが全然違います。

 

③下見では家具の配置をシミュレーションしよう

 下見に行く場合は、家具をどこにどのように置くかを想像してください。それを考えておかないと、引っ越ししてから「冷蔵庫どこおくねん」とか「コンセントが届かない!!」という問題が発生しかねません。下見では、きちんとエアー引っ越しを行ってください。笑

 

 

3.おわりに

 いかがだったでしょうか。学生目線で引っ越しについて書いてみました。私なりに丁寧に書いたつもりですが、まだまだ情報不足な部分があるかと思います。この記事の他にも、様々なサイトや本を参考にして、自分が納得できる部屋を探してください。

 

読者の皆様が素敵なお部屋を見つけられることを祈っています。